住宅づくりコラム

ホーム > 住宅づくりコラム > おうちがしあわせ。~太らない間食のルール~

おうちがしあわせ。~太らない間食のルール~

家の中に居ることが多いこの時期、ついつい食事以外にも間食を食べ過ぎて

しまいますよね。「間食は太る」というのは、実は一昔前の常識。空腹を我

慢すると、そのあとに取る食事を食べ過ぎてしまう恐れがあるため、正しい

ルールで間食をする方が肥満を予防できるとされています。ぜひ上手な間食

を取り入れてみて下さい。

①3食+200キロカロリーの間食を取り入れる。

朝昼晩の3食をきちんととることを基本とし、そこに間食を加えることで、

1食あたりの食事量をセーブできるようになります。200キロカロリー

の目安は、プリン1個、板チョコ半分、おにぎり1個、リンゴ1個程度です。

②昼食から4時間後、もしくは夕食4時間前。

空腹を感じないのは食後4時間後くらいまでと言われています。それ以上

我慢すると、低血糖となり、集中力が切れてしまいます。昼食と夕食の感覚

が8時間以上あく場合、昼食後または夕食前の4時間前後に間食を取り入れ

血糖値が下がり過ぎないようにコントロールすると良いでしょう。

③「ながら」食べをしない!

スマホやテレビを見ながら・・・といった「ながら食べ」は、無意識のうち

に食べ過ぎてしまうので注意が必要です。食べることに集中しないと満足感

を得られにくいので、間食に集中して食べ過ぎを防ぎましょう。

④糖質は抑え、脂質やタンパク質を。

糖質を多くとると血糖値が上昇し、糖はエネルギーに変化されます。そこで

エネルギーにならずに余った糖質が、脂肪として体に蓄積されてしまうのです。

間食でも、ナッツ、チーズ、卵などのタンパク質や脂質を多く含む食品を選ぶ

ことで、血糖値の急激な上昇を抑え、満足感が長く続きます。

 

 

住まいの事例集

  • 新築ラインナップ
  • リフォーム
  • リフォーム