住宅づくりコラム

ホーム > 住宅づくりコラム > お家がしあわせ~夏のお弁当対策~。

お家がしあわせ~夏のお弁当対策~。

これからの夏本番を迎えるこの時期、お弁当の衛生面が気になりませんか?

毎日のお弁当づくりの食中毒対策についてご紹介致します。

☆お弁当箱は清潔に!

食中毒を防ぐために大事なことは、菌をお弁当箱につけないこと。

お弁当箱の材質に合わせ、熱湯消毒や塩素系漂白剤で消毒しましょう。

また、お弁当箱を薄めたお酢で拭くのも効果的です。(プラスチックのみ)

☆水気を出さない工夫を!

細菌は水分が大好物です。あたたかいご飯やおかずから出た水蒸気がお弁当

箱のフタなどについていると、どんどん食材は傷んでしまいます。ご飯も

おかずもよく冷ましてからお弁当箱に詰めるようにしましょう。

また、汁気の少ないおかずを選んだり、ゴマや鰹節などをまぶして水分を吸

わせるのも効果的です。一方、仕切りとして使うレタスや、彩りに人気のプ

チトマトなどの生野菜は、水分が多い為、夏場はオススメできません。

☆便利グッズを使いこなそう!

①保冷剤:専用のものも販売されていますが、ケーキなどを買った際につい

てくるもので構いません。お弁当箱の底と蓋の上に置いて、お弁当箱を挟む

ように使用しましょう。

②バランやシリコンカップ:おかず同士を仕切らずに詰めると、触れ合った

部分から腐敗が進む原因になるので、仕切って詰めることが大切です。彩り

としても使えます。

③凍らせたゼリーやフルーツ:保冷材の代わりとして使えます。フルーツは

溶けると水分が出るので、別の容器に入れましょう。

170501_lunch-box-for-1yearold-04

 

住まいの事例集

  • 新築ラインナップ
  • リフォーム
  • リフォーム