住宅づくりコラム

ホーム > 住宅づくりコラム > 住まいのヒント。「住宅の日焼け対策」

住まいのヒント。「住宅の日焼け対策」

日当たりが良いことは快適な住環境のポイントの一つですが、

反対に、家の壁や床などが薄く(白く)退色、色あせてしま

う「住宅の日焼け」の悩みも発生しやすくなります。

紫外線による悪影響をできるだけ小さくする対策をご紹介します。

☆日焼けの原因を知る

私たちの皮膚を黒くする日焼けの原因になるのは「紫外線B波」、

住まいの日焼けの原因となるのは「紫外線A波」です。

紫外線B波はガラス一枚挟むだけでも大幅に減らすことができ

ますが、紫外線A波は窓ガラスやカーテンなどを透過してしまい

ます。このA波が引き起こす化学反応によって、家の中の床、壁

、家具、家電、ファブリック類などが変色、退色してしまいます。

☆紫外線対策

紫外線が家の中に入り込む大きな入口である窓ガラスの内外に、

カーテンに加えてもうひとつ紫外線を遮るフィルターを設けると

効果的です。例として、屋外に設置する「サンシェード」や、昔

ながらの「すだれ」などが挙げられます。

また、建物壁面も蓄熱予防に、ゴーヤーやアサガオなどのツル性

の「グリーンカーテン」を育て、日焼けの他植物の葉の蒸散によ

る気化熱による気温低下を期待する方法もあります。

 

住まいの事例集

  • 新築ラインナップ
  • リフォーム
  • リフォーム