住宅づくりコラム

ホーム > 住宅づくりコラム > 住宅ローンに関する諸費用 VOL3

住宅ローンに関する諸費用 VOL3

住宅ローン 融資保証料

住宅ローンの融資保証料とは、失業や病気などで住宅ローンの返済ができなく

なった時の保証料のことです。

この保証料を支払えば親族などの保証人は必要ありません。

しかし返済不能になったからといっても、支払わなくてよくなるわけではありまん。

それは何の為の保証料かと言うと、保証会社という所が親族などの保証人の代わり

に、保証人になってくれる為の費用なのです。

この保証料を支払うのがもったいないので、「きちんとした保証人を立てるから保証料

を無しにして下さい。」と言っても、金融機関は認めてくれません。

誰でも全員、保証料は支払わなければならないのです。

そして、自分が失業や病気などで住宅ローンの返済ができなくなった時、保証会社は

何かを助けてくれるかと言うと、何も助けてくれません。

それどころか、金融機関に代わって未払い分のローンの請求をしてきます。

そして、支払いができなければ、競売等の法的措置をとってきます。

住まいの事例集

  • 新築ラインナップ
  • リフォーム
  • リフォーム