住宅づくりコラム

ホーム > 住宅づくりコラム > 冬の乾燥対策。

冬の乾燥対策。

寒い冬場は暖房の使用により、家の中でも空気が乾燥します。

空気の乾燥は、ドライアイや乾燥肌で悩むだけでなく、イン

フルエンザをはじめとする、様々なウイルスが活性化する原

因にもなります。しかし、加湿器を使用すると、湿度が高く

なりすぎてしまうこともしばしば。そこで今回は、お部屋の

最適な湿度と言われる50%~60%を保つ乾燥対策をご紹

介致します。

乾燥の目安

氷水を入れたガラスや金属ののコップを部屋に置いて、コップ

の周りにすぐに水滴がつけば、その部屋は比較的過ごしやすい

湿度があります。しかし、2~3分経っても水滴がつかなけれ

ば、その部屋は乾燥している可能性が高いと言えるでしょう。

床を水拭きする

お掃除のついでに濡れた雑巾でフローリングを水拭きしましょう。

部屋の湿度が上がり、同時にホコリも掃除できるのでウイルス対策

にもなります。健康的な環境づくりができるのでオススメです。

石油ストーブやガスファンヒーターを使う

石油やガスは燃焼すると酸素と結びついて炭酸ガス・水・熱に変わ

ります。不完全燃焼を防ぐために定期的な換気が必要ですが、同時

にやかんやお鍋でお湯を沸かすと加湿器同様の効果があります。

観葉植物を置く

植物は吸収した水分を葉っぱから蒸発させるので、適度に水を

あげている観葉植物は天然の加湿器となってくれます。モダン

で冷たく感じるインテリアに観葉植物をいれることで見た目の

印だけでなく、空気にも潤いを与えてくれます。

 

 

住まいの事例集

  • 新築ラインナップ
  • リフォーム
  • リフォーム