住宅づくりコラム

ホーム > 住宅づくりコラム > 壁紙リフォームでの後悔は・・・?

壁紙リフォームでの後悔は・・・?

年々人気が高まっているリフォームですが、家の内装のリフォームで

人気が高いのは、比較的費用を掛けずに部屋の雰囲気を変えられる「

壁紙リフォーム」です。

部屋を一新できる壁紙リフォームですが、時にはこんな後悔をするこ

とも・・・

①リフォームしたのにあんまり印象が変わらない。

壁は大きな面積を占めるので、失敗したくないという思いから、前と

同じような壁紙や無難な色を選びがちです。そのため、せっかくリフ

ォームしたのに印象が変わらない・・・なんてことも多いようです。

最近は、部屋の中でも一面だけは色の違う壁紙(アクセントクロス)

を貼る方法も人気です。必ずしも一種類に統一する必要はないので、

ちょっとだけ冒険したい場合は、アクセントクロスを試してみてはい

かがでしょうか。

②柄物にしたらゴチャゴチャした印象に

柄物の壁紙を選ぶときは「部屋の大きさ」と「柄の大きさ」のバラン

スがポイントになります。

例えば、狭い部屋に大きな柄の壁紙を使うと部屋が狭く感じ、大きな

部屋に小さな柄の壁紙を使うと目にうるさく感じます。基本的には、

大きな部屋には大柄、小さな部屋には小柄の壁紙ですが、全体に柄物

を使うのではなく、無地の壁紙と部分的に柄物を使う「貼り分け」が

おすすめです。

③壁紙だけ浮いてしまった。

壁紙が綺麗になりすぎて、スイッチプレートや照明器具、エアコンの

汚れが目立ってしまった・・・なんてケースも。

真っ白な壁紙、リフォームの場合は浮いてしまう場合もあります。リフ

ォームの場合は、真っ白よりも少しくすんだナチュラルな白色の方が周

りと調和しやすくなります。また、壁紙張替えの際に、照明器具やスイ

ッチプレートなども一緒に新しくすることもおすすめです。

kpo0021hm

 

住まいの事例集

  • 新築ラインナップ
  • リフォーム
  • リフォーム